サトコト

子育て・旅行・インテリア・ガジェットなど暮しに役立つ雑記ブログ。

【一家に一つは持っておきたい。STANLEY(スタンレー)のステンレス真空水筒(ボトル)

ピクニックやキャンプ、子どもの運動会といったイベントで必ず自宅から持ち出すのが水筒。

 

出先で用意したペットボトルで済ませてもいいが、水筒に入れて準備した飲み物を持って外で食事をするのはやはり格別。

 

今回は、一家に一つは持っておきたいオシャレで高機能、そしてタフで頑丈な水筒を紹介したいと思う。

 

 

 

 

STANLEY(スタンレー)

今回紹介する水筒は、アメリカ生まれのサーマルウェアブランドであるSTANLEY(スタンレー)の水筒。

 

1913年創業と100年以上の歴史を持ちながらも、当時から変わらないデザインで世界中のファンを魅了し続けている。

 

f:id:satkoto:20190205113625j:image

とりわけ、100年以上も前に開発・完成されたスタンレーの水筒は、高い保温機能と頑丈さで孫の代まで使えるといわれている。

 

 

また、頑丈なステンレスと真空ボトルの組み合わせは、宇宙探査機や深海調査の装備にも採用されるほどの高い評価も得ている。

 

タフな本体

まず一番のオススメは、やはり頑丈な本体。

ボディには耐久性のサビ止め加工がしっかりと施されている。

f:id:satkoto:20190205113648j:image

そして、ハンマートーン・パウダーコーティングによって、独特の重厚感を醸し出している。

 

安定した保温・保冷機能

次に、肝心の保温と保冷機能について。

こちらの水筒は、ステンレス真空2層構造となっていて、以下の様に長時間の効果を発揮している。

f:id:satkoto:20190205113203j:image

【保温効力】

86度以上(6時間) / 64度以上(24時間)

【保冷効力】

3度以下(6時間) / 9度以下(24時間)

 

 

大きな注ぎ口で使いやすい

そして3つ目は、その使いやすさ。

口径サイズは50mm設計のため、氷もそのままの形で入れられる。

f:id:satkoto:20190205113948j:image

勿論、広い口径であることから、内部の洗浄もしやすく清潔さを維持できる。

 

一方、カップの飲み口は直径73mmと大きくて飲みやすい。子どもが持つにも手頃なサイズ感だ。

f:id:satkoto:20190205114213j:image

容量も約235mlと、こちらも丁度良いサイズ感になっている。

 

まとめ

我が家が愛用しているのは1L用のボトル。

日常使いというよりは、冒頭に書いた様な公園でのピクニックや学校のイベントがある時をメインに使用している。

 

伸縮性のある持ち手なので、持ちやすい。

f:id:satkoto:20190205114835j:image

重量は840g。重厚感がある割には、そこまで重く感じることもない。

 

一般的ないわゆる水筒も最近は各社高品質なモノを販売しているが、100年を超える歴史を持つスタンレーの水筒はやはりひと味違う

 

特に、見た目の存在感は自然と持ち主を魅了してくれる感じが伝わる。

その上で、安定した品質も保持してくれているため、機能面・デザイン面で今のところ何もいうことはない逸品だ。

 

スタンレーの歴史同様に、我が家でも長い年月を掛けて大事に使っていく予定だ。