サトコト

子育て・旅行・インテリア・DIY・ガジェット・100均・キャンプなど暮しに役立つブログ。

【入手困難!?ダイソーのコーヒーミルがコスパ抜群!自宅で挽きたて本格コーヒーを味わおう!】

f:id:satkoto:20200414160355j:image

自宅でコーヒーを飲む時は、いつもインスタントコーヒーを利用している。

 

ほぼ毎朝欠かさず飲むのだが、忙しい朝の時間帯にお湯を沸かすだけで簡単に出来上がるのが何よりも便利。

 

ただ時々は、スターバックスのような美味しいコーヒーとまでは言わずとも、出来ればセブンイレブンやマックといったお店で提供されるコーヒーを飲めたら良いなぁと思うのだが、それでもそれなりにお金は掛かる。

 

そんな時に100均のダイソーで何とコーヒーミルが販売されていることを最近知った。

 

少し手間は掛かるが、自分で豆を挽いた美味しいコーヒーが飲めるようになる「コーヒーミル」を今回はレビューしていきたいと思う。

 

 

 

ダイソー 手挽きコーヒーミル

こちらが今回購入した「ダイソー 手挽きコーヒーミル」 

f:id:satkoto:20200413123237j:image

コーヒーミル」とはコーヒー豆を挽く器具のことで、コーヒーの知識ゼロの自分としてはインスタントコーヒー以外で初めて手にしたコーヒーグッズ。

 

ダイソーで買うことが出来るが、価格はさすがに100円ではなく500円(税抜き)。

 

それでも、相場としては安くても2,000円位から買えるようなので、500円という価格はかなりお買い得なのが伺える。

 

 

本体の特徴

説明書

説明書は付属されておらず、 側面に使用方法が写真付きで載っている。

f:id:satkoto:20200413123411j:image

使い方自体がシンプルなので、すぐに覚えられるし問題なさそう。

 

サイズ・重量

本体の重さは、計量したところ415gだった。

f:id:satkoto:20200413123430j:image

ずっしりした感じもしないし、どこかに持ち運ぶわけでもないので特に気にはならず。

 

サイズは大まかではあるが、高さ16cm x 直径が7.5cm。

f:id:satkoto:20200413123510j:image

500mlのペットボトルの3分の2の高さという感じ。

 

ミニマルなデザインがGOOD

ガラス製で本格的

ダイソーのコーヒーミルなので作りもそれなりなのかと思いきや、ガラス製で高級感もある仕上がりになっている。

f:id:satkoto:20200413123557j:image

 

シンプルなデザインなので、使わない時はキッチンに飾って「見せる収納」としても良さそう。

 

ハンドルが収納できる

豆を挽く時に使うハンドルだが、使い終わった後に飛び出ていると少しだけ邪魔に感じる。

f:id:satkoto:20200413123705j:image

 

ダイソーのコーヒーミルはこのように使用しない時は、真ん中にずらすことが出来る。

f:id:satkoto:20200413123730j:image

 

上から見たコーヒーミル。

f:id:satkoto:20200413123806j:image

 

この機能があることで、例えば箱やキッチン棚に片付ける時の収納効率が改善されるので、良く考え抜いたデザインをしているなぁと感心した。 

 

早速コーヒーを作ってみる

ということで、早速コーヒー作りを始めてみた。

 

コーヒー豆を入れる。

まずはコーヒー豆(珈琲豆)を用意。

 

初心者なのでコーヒー豆については特にこだわりはなく、とりあえずコーヒーと言えば「カルディ(KALDI)」だろうということで、こちらのコーヒー豆(200g入)を買ってきた。

f:id:satkoto:20200413123844j:image

 

大体1杯あたり10gとのらしく、軽量してから本体にコーヒー豆をセット。

f:id:satkoto:20200413123910j:image

 

尚、容量的には2杯分位のコーヒ豆が一回で挽ける量の目安。

 

コーヒー豆を挽く粒度は5段階から選べる

ダイソーのコーヒーミルの優れている点は、挽く時に調節ダイヤルを回してお好みで豆の粒度を選択できること。

f:id:satkoto:20200413124014j:image

 

とりあえず、1杯目は一番細かい「極細挽き」にして試してみた。

f:id:satkoto:20200413124121j:image

 

ガリガリと音がしながらハンドルを回して、挽き終わるまで大体4分掛かった。

f:id:satkoto:20200413124201j:image

さすがに4分近く挽き続けるのは腕がキツかった。

 

こちらが挽き終えた後のコーヒー豆。

f:id:satkoto:20200413124429j:image

 

せっかくなので、比較も兼ねて「粗挽き」も試してみることにした。

 

粗挽きだからなのか、掛かった時間は2分を切るくらいで、こちらはとてもスムーズ。

f:id:satkoto:20200413124247j:image

 

挽き終わった後の状態。

f:id:satkoto:20200413124302j:image

 

挽く時間が違うだけでなく、粒度の粗さの違いもよく分かる。

 

最後にドリップして完成!

f:id:satkoto:20200413124556j:image

 

味の感想は?

今回、2種類の粒度を用意したのだが、簡単に違いを説明すると以下の通り。

 

細挽き ⇨ 苦味・コクが強い 

粗挽き ⇨ 苦味が少なく、酸味が強い

 

左側のマグカップが粗挽きのコーヒー。

f:id:satkoto:20200413124623j:image

若干だが、色味の違いも何となく分かる。

 

さて、肝心の味の感想だがどちらも控えめに言って、コーヒーミルで挽きたてのコーヒーは抜群に美味しかった

 

今まで自宅ではインスタントコーヒーしか飲んでいなかったので、特にそう思うのかもしれないが、挽きたての良い香りも心地いいし気分もすごく落ち着く。

 

洗う時も3つに分解できるので、簡単に水洗いが出来る。

f:id:satkoto:20200413124805j:image

 

夏場はアイスコーヒーにしてもオススメ!

気温が高くなる時期はさすがにホットコーヒーを飲む気にはならないが、そんな時はアイスコーヒーで味わうのがオススメ

f:id:satkoto:20200418095902j:image

作り方自体は同じで、氷をたっぷり入れたコップの中にドリップした挽きたてコーヒーを注ぐだけ。

 

商品は売り切れ続出で品薄・在庫切れが続く

今回一番苦労したのが、このダイソーのコーヒーミルを入手すること。

 

自分の住む街やその周辺のダイソー店舗へ何度か足を運んだが、結局一度も入荷されず売り切れで在庫なしの状況が続いていた。

 

購入者の口コミ評価も高い様で、ダイソーのコーヒーミルがいかに人気なのかが、この売れ筋具合からも思い知らされた。

 

ちなみに、我が家では幸いにも実家近辺のダイソーに在庫があったので、両親に購入してもらうことで無事に入手することが出来た。

 

久しぶりに100均ショップのアイテムで「欲しくても買えない事態」に直面した程なので、気になる方で店頭に販売されていたらとにかく迷わず買ってみた方が良さそう。

 

まとめ

仕事や子供の世話などで何かと忙しい平日は、豆を挽いてコーヒーを味わうのは難しそう。

 

その代わり、休日の朝や昼下がりには優雅なひとときとして、じっくりコーヒータイムを味わいたいと思う。

 

f:id:satkoto:20200418095928j:image

多少時間が掛かるかもしれないが、手間暇を掛けた見返りとして美味しいコーヒーが飲めるのはリラックス出来て気持ちも落ち着く

 

コスパ的な視点でも、今回購入したカルディのコーヒー豆は200gで500円だったので、一杯あたりの値段も25円とコンビニのコーヒーよりも全然安い。

 

ちなみに、コーヒー豆を挽いた後に一度外出したのだが、戻ってくると珈琲屋さんの様な香りが家の中に漂っていて、これまたいい気分になった。

 

ダイソーのコーヒーミルは500円というお得なお値段で購入できるので、自宅でおうちカフェ気分を味わいたい方のデビュー・お試しにも良いと思う。