サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

【iPhoneで撮った写真をAdobe Photoshop Lightroom CCでグッとセンスを上げてみよう】

平成最後の11月も残すところ、後1週間程度。

秋も深まり、冬の到来がすぐそこまで来ているのを感じる時期になってきた。

 

そんな秋と言えば、紅葉が美しい季節。

子供達も空気が澄んだ空の下で遊びたい気持ちに溢れていることから、

近くの公園にピクニックに出掛ける事にした。

 

通常だと、出掛けた公園についてオススメしたい点を紹介をしていくのだが、今回は趣向を少し変えてみた。

 

皆さんも秋から冬に掛けて美しい情景が広がるシーンをたくさん撮影する機会が増えるかと思うので、

より美しい写真」として加工・保存できるアプリについて今日は紹介したいと思う。

 

 

無料アプリのAdobe Photoshop Lightroom CC

こちらが今回紹介するアプリ。

ご存知の方も多いと思うが、Adobe社が提供する無料て写真の編集や共有ができるアプリだ。

 

アプリ内で課金すれば、より便利なプレミアム機能を使用できるが無料でカバーできる機能でも十分すぎるくらい優秀なアプリだ。

 

なお、iPadには「Adobe Photoshop Lightroom CC for iPad」を使用する。

 

 

Adobe Lightroom CC

Adobe Lightroom CC

  • Adobe
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

 

 

良く使う機能

 自分がよく使うのは、「ライト」、「カラー」、「効果」の三つのメニューだ。

 

ライト

ここでは、露光量やコントラスト、ハイライトといった光の調整ができる。

f:id:satkoto:20181124150543p:image

 

カラー

次にカラーだ。

色濃度をはじめ、彩度を加工。

f:id:satkoto:20181124150605p:image

 

効果 

最後に効果だ。ここで明瞭度を調節し、かすみの除去やぼかしなども加工することができる。

f:id:satkoto:20181124150622p:image

 

加工した写真 

自分は普段のお出掛けではあまりデジカメは持ち歩くことはない。

 

運動会などのイベント時にはもちろん一眼レフを持参するが、

iPhoneのカメラでも十分綺麗に取れることから、普段は全てiPhoneで撮影している。

 

こちらは、近所の公園で撮影した写真。

f:id:satkoto:20181124150641j:image

通常に撮影してももちろん綺麗なのだが、秋を感じさせるにはもう一工夫が必要。

 

そこで、Lightroomで加工した写真がこちら。

f:id:satkoto:20181124150658j:image

いかがだろうか。特に木々の黄金に輝いてその美しさが際立って表現されている一枚になったかと思う。

 

 

もう一枚、森で遊ぶ子供達の写真。

加工前は、どうも暗さが残る感じがしてしまう。

f:id:satkoto:20181124150725j:image

 

同様にLightroomで加工してみると↓

f:id:satkoto:20181124150742j:image

陽の光が綺麗に映り込み、奥に見える森とのコントラストが美しくなった。

 

 

まとめ

iPhoneの純正写真アプリでも、ビビッドやモノクロといった簡単な加工が出来てそれなりに使えることは使える。

他の写真系アプリでも同じ様な加工ができるものはたくさん出回っている。

 

自分も過去にたくさんその様なアプリをダウンロードしてきたが、このアプリは別格だった。

 

せっかく撮った写真もちょっと一手間加えるだけで、一段も二段も綺麗に生まれ変わらせることができる。

 

色々なアプリを落としてきたが、「これだ!」と思える写真系アプリに出会えていない方は、

ぜひ一度この「Adobe Photoshop Lightroom CC」を試してみていただきたい。

 

Adobe Lightroom CC

Adobe Lightroom CC

  • Adobe
  • 写真/ビデオ
  • 無料